日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/22 22:00
うなりながらゴロゴロにゃ

ルッカの持病、免疫介在性溶血性貧血が再発しました。
これで再発2回目、初回発病も含めば3回目です。
「再発を繰り返すでしょう」という獣医さんの言葉が現実に・・・orz

2回目のときと同様、2~3週間ほど前から玄関の床をペロペロなめはじめたルッカ。この行動はすっかりこの病気が再発するときの合図になってしまったなぁ。。。食欲はあるので一見元気そうですが、ルッカなりに体調の異変を感じていたのかもしれません。
本日の獣医さんは「玄関をなめるのと貧血は関係ないと思いますよ。でもよく貧血だって分かりましたね」と言っていたけれど、3回目ともなると行動パターンで分かりますって(^^;

さて、3回目ともなると、どの薬をどのくらい服用するとどのくらいの日数で改善してくるかというデータもある程度あるのでその点は安心なんだけど・・・。過去2回診察してくれた獣医さんがいらっしゃらないことだけが不安。というのも、発病1回目のときの獣医さんは遠方で独立開業され、2回目のときの獣医さんは育児休暇中で不在。
慣れ親しんだ獣医さんがいなくても、これまで通り淡々と薬を投薬して貧血が改善することを願うのみです。

幸い今日は赤血球濃度(ヘマトクリット値=PCV)25%で軽度の貧血状態。2月に半年振りの血液検査をした際はPCV40%だったので、この2ヶ月で一気に免疫介在性溶血性貧血が再発したことになります。症状が軽いので、今回は入院なしだったのが救いですね。
しかし、1回目のとき2回目のときも、6月末から7月頭にかけての発病だったのに、今回は4月末。再発までの期間が徐々に短くなってきているような気が・・・。気温が高くなってくると再発するのか??

とにかく今は正常範囲の30~40%に戻るようしっかり養生してくださいな、ルッカさん。そして今日からステロイド剤(プレドニゾロン)と免疫抑制剤(ネオーラル)の投薬スタート。


どうでもいい話ですが、今日は天気が良かったので自転車で動物病院へ行こう自転車用ネットでルッカを入れたキャリーバッグをくくりつけ走り始めたところ、
ルッカが暴れて30秒で落下!!
・・・結局車を運転して行きました。これが原因でPCVが下がったってことはない・・・はず。


■本日の検査結果■
体重:3.35kg
体温:37.7度
PCV:25%



■免疫介在性溶血性貧血とは?■
免疫介在性溶血性貧血(IMHA)は、体に侵入した病原菌などを退治する免疫が自分の赤血球を有害のものと誤認しそれを破壊するという病気。
赤血球の表面上に抗体という免疫物質の結合が見られるのが特徴で、そのような赤血球があると自分で自分の赤血球を破壊(脾臓や肝臓で破壊されたり、血管の中を流れながら破壊される)され溶血し、その結果貧血になります。
病気の判断基準のひとつが、赤血球濃度を表すヘマトクリット(PCV)値。猫の場合、30~40%が正常値であり、それより低い場合は貧血の程度を判定する指標になるそうです。



承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/04/23 17:11】 | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/23 22:36】 | #[ 編集]
tamiさんへ
お返事遅れてすみません。
ルッカは薬が効いたようで貧血はちょっとだけ改善の兆しがみえました。
温かいお言葉ありがとうございます。
tamiさんの猫ちゃんも心配ですね。本人(本猫?)にとっては注射は嫌だろうけど、それで症状が改善されるならがんばって欲しいところです。

動物病院の診察料には私もシビれます(^^; 毎回福澤先生が1人いなくなる~v-35
【2009/04/29 14:28】 URL | nachi #ihMNMLjo[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

 ※コメントは管理人承認後に表示されます。詳細はこちら。



Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。