日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/28 01:40
「バルザックの『谷間の百合』を読んで、登場人物の恋愛心理を引用をまじえて具体的に論じよ」というレポート課題を選択。

事あるごとに「僕はアンドル河に身を投げます!」と言う主人公フェリックスにツッコミ+「典型的?フランス男」に辟易。愛する女性・アンリエットに浮気がバレると涙を流しながら許しを請い、挙句の果て

「・・・僕は愛したりなんかしなかった。ただ、砂漠のなかで水に渇えていたんです」

と、のたまったフェリックスくん。
いやはや、男の論理はオモシロイですな(。・m・)

20歳そこそこで禁欲生活を強いられるのも酷な話ですが、自己中な論理を自分の防御に使うフェリックスに何の思い入れも持てないので、今回のレポートは”純潔の天使”アンリエット(モルソフ夫人)の恋愛心理をあれこれ書いてみた。
文学関係のレポートは初チャレンジのため、正直どう書いていいのか分からず( ;´・ω・`)
「引用をまじえて具体的に」という指定があるので、本文から該当箇所を抜き出して、それに対して論じる(いや、感想文?)というスタイルで進めてみました。これでいいのか??謎。


この科目は「ワープロ可」なので、あとは印刷するだけ~♪
・・・が、その前に1~2日間寝かせます。後から見直せば変なところも見えてくる~♪


さあ、本格的に西洋哲学史2へGo!遅れを取り戻さねば。



おもしろい
へー、バルザックってそんな感じなのかぁ。ついてけないなぁ~。
なちさんの要約を読んでるほうが絶対面白い。

なんか、突っ込みどころ満載だし、
登場人物をこてんぱんにこき下ろしてもいいなら、
それはそれで、楽しい課題かも…。

【2008/02/28 19:05】 URL | たろ猫 #WE/xn6Vw[ 編集]
甘くて純潔な愛
▼たろ猫さん
『谷間のゆり』はバルザックの自叙伝的要素が強い小説だそうで。
・・・ということは、田舎の社長チックなあの厳つい顔つきで「僕は河に飛び込みます!」とか言ったのかと思うと、「フランスって・・・」と感慨深いものがあります(ォィォィ)

「フェリックスの論理は自己中だ!」とツッコミ満載のレポートも”アリ”でしょう♪同情できる点もあるんだけど、「砂漠で水に餓えていた」発言でそれもオシャカ(笑)
主人公よりヒロインのアンリエットが可哀想すぎ(:_;)

3単位だし、ワープロ可だし、文字数は3000文字程度だしと、なかなかお得な科目なので、興味がわいたらゼヒどうぞe-266
【2008/02/28 20:14】 URL | なち #ihMNMLjo[ 編集]
小潟先生
以前、小潟先生に夏スクーリングでフランス語を教えていただいた時、
バルザック谷間の百合は是非原典を読むようにとすすめられた1作でした。
言い回しがいいんだよ~、と。

皆さんの書き込み見ていたら読みたくなりました。
【2008/02/29 17:43】 URL | Nekko #-[ 編集]
原典
▼Nekkoさん
原典で読むと言い回しとかが心に直接響いて最高なんでしょうね~。機会があったら読んでみてください(^^)
ワタシは原典だと1ページも読めません(笑)
【2008/02/29 20:03】 URL | なち #ihMNMLjo[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

 ※コメントは管理人承認後に表示されます。詳細はこちら。



Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。