日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/28 03:28
「社会学史1」という科目はレポートの文字制限が厳しいようで「分量は4000字以内。ただし1割程度の誤差にとどめること。」という注意が明記されている。下手にオーバーしてレポート不受理になるのは嫌なので、Wordの「文字カウント」機能をフル活用し3837文字で完成(本分のみ。後注、参考文献一覧含まず)。

レポート課題は、文献の要約と現代社会についての考察の2点。

1)ワタシが選択した文献はウェーバーの『職業としての学問』 (岩波文庫)
読みながら付箋を貼ったり要点をまとめたり。
偶然みつけた北海道大学経済学部准教授・橋本努氏のHP内にある1ページ、”橋本努LecturesIndex 学部講義「経済思想」”はウェーバーの代表的著作の概要がそれぞれまとめられており参考になった。

2)「その書物の視点から現代社会について論じなさい」という課題に対しては、教育実習生として教壇に立った自分の経験と統計データを絡めながら最近問題視されているモンスターペアレントを取り上げてみた。


書き終えたけれども、このレポートはまだプリントアウトしません。
数日寝かせることで、おかしな言い回しや不明瞭な論点が改めて見えてくることが多いのです。

その間に残りは2科目のレポに取り掛かります。
・・・間に合うか??( ;´・ω・`)

今週は夜間スクーリングの授業があるし、来週に迫った夜スク試験への対策(アメリカ文学は任意の2冊を読まなければならない!倫理学特殊の試験は難しい&持ち込み不可!)もほとんど進まず。レポート提出とばっちり重なってしまい厳しい毎日でございます。。。ああ、眠い

















管理者にだけ表示を許可する

 ※コメントは管理人承認後に表示されます。詳細はこちら。



Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。