日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/05 11:19
夜スク6週目。
腰痛で休もうかと思ったけどなんとか出席。帰りはヘトヘト。

アメリカ文学は、「アメリカン・ルネサンス2」と題して19世紀前半から中頃にかけての女性作家(チャイルド、オルコット、ファーン、ディキンスンなど)を取り上げる授業。

この授業は初回から試験問題(大問)が公開されています。

授業でふれた作品、もしくは授業のテーマに関すると思われる作品を2作品あらかじめ読み、それらについて授業で学んだ知識をもとに論じなさい。


「キャンディ・キャンディ」好きなワタシとしては、その原作者・水木杏子さんに影響を与えたといわれるオルコットの『若草物語』をテストの題材にしようかと思っていたのだけれど、なんと4冊もあることを知ってしまいちょっと躊躇してしまいましたよ(;・∀・)

水木さん曰く

キャンディの物語の大筋は<赤毛のアン><あしながおじさん><八人のいとこ><ポリアンナ><そばかすの少年>などが参考となり・・・(以下略)
                (「キャンディとであったころ」エピソード8より引用)


ということなので、オルコットつながりで『八人のいとこ』、そして次回以降授業で触れるであろうマーク・トゥエインつながりで彼の姪にあたるウェブスターの『あしながおじさん』なんぞチョイスしたいところ。・・・だめかなぁ。


倫理学特殊は絶好調。
パスカルが『パンセ』の中で述べた有名な言葉「人間は考える葦である」から、超越という概念まで説明してくれた。・・・でもやっぱりまだ超越のイメージが捉えきれない。。。
「12/7試験後、打ち上げやりませんか?」と岩村先生自らおっしゃってくれた!
ちゃっかり参加希望に手を挙げましたよ(*`∇´)bうしし

そうそう、授業中に「無知の知」というこれまた有名な言葉も出てきたけれど、慶應大学准教授の納富信留先生(西洋古代哲学専攻)によればこの「無知の知」という表記は誤りで、正しくは「不知の自覚」とのこと。



レポ課題は、プラトンにしますー。
不知の自覚..._〆(゚▽゚*)メモメモ
西洋哲学史1のレポにそろそろ取り掛かりたいと思いますので、これは要チェックしときます☆

西洋哲学史1のテキスト、ちょこっと読み始めてみましたが...格調高いですなー、あれは!
漢字が読めないテキストとはまた違った形で、読むのに時間がかかりそうなテキストです。
【2007/11/10 00:28】 URL | くろ #-[ 編集]
レポがんばれー
▼くろさん
西洋哲学史1はレポが難関と聞くけど、頑張ってね!
そしてワタシに情報Please♪<ヾ(ーー )ぉぃ

専攻したい科目だからこそ、他の科目よりもじっくり時間をかけて読みたいなあと思っているワタシ。そんな悠長なこと言ってたら、いつまでたってもレポ完成しないんだけどねー。
【2007/11/10 18:02】 URL | なち #ihMNMLjo[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

 ※コメントは管理人承認後に表示されます。詳細はこちら。



Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。