日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/15 11:52
夜スク3週目。
科目試験を目前にして、正直心ここにあらず状態。。。先生、ゴメンナサイ。

「アメリカ文学」は、独立宣言文と所感宣言からアメリカ独特のレトリックを考察するというもの。
「生存、自由、幸福の追求は、犯されざるべき権利である」という独立宣言文の精神が強いから、今でもアメリカは”世界の警察”として他の国のトラブルに首を突っ込みたくなる・・・という先生のご意見が面白くて印象的。
先週に引き続き「スカーレット・レター」のビデオ鑑賞。
あともう1本何かの映画を見たけど忘れてしまった(;・∀・)


続いて、金曜日の「倫理学特殊」。
岩村先生、風邪気味ながらも流暢なしゃべりは絶好調(笑)
今回はフロイトを題材に「無意識」についての講義でした。
最近、親殺しのニュースが頻繁に伝えられているという点について、
「現代においてのみ起きることと古代から続く不変的なことを区別し発生した事象がどちらに該当するか知るためには、古典を読んでその知識がないと分かり得ない。」という岩村先生のコトバは印象的。親殺しというのは古代オリエントでも戦国時代の日本でも行われていたことだから、「最近そういう事件が増えて物騒になった」という観点だけから事件を見るのは間違っているということを伝えたかったのだろう。


新聞やTVから流れてくる情報だけを鵜呑みにしがちだけれども、
古典から学ぶこともたくさんある。
哲学や倫理学は、「そんなの当たり前でしょ?」という変な常識や固定観念を一旦白紙にして
「これは何なの?それはどうしてなの?」と考えられるところが面白いんだよね。

さあ、科目試験も終わったことだし、アメリカ文学と倫理学特殊の参考文献でも読もうかな<ォィ

















管理者にだけ表示を許可する

 ※コメントは管理人承認後に表示されます。詳細はこちら。



Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。