日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/03 22:51
なんとか締め切りに間に合った史学概論とオリエント考古学のレポート2本。
ここでワタシのレポート作成テクニックを少しだけご紹介。


1.書式設定したレポート用紙専用テンプレートを作るべし
一度作って雛形ファイルとしておけば使いまわしができて便利!
書式設定はWordの[ファイル]-[ページ設定]とクリック、【ページ設定】画面から可能です。これで1行40文字、20行の慶應通信レポート印刷はバッチリ
(プリンタの種類によって印刷結果に若干のズレが生じる場合があります)

・用紙サイズ:A4
・使用フォント:MS明朝 12pt
・余白:上55mm、下30mm、左20mm、右20mm
・文字数と行数:「行数だけを指定する」チェック、行数は20に設定
 (行送りは自動的に設定される)



2.いつでも課題を見えるところに配置
レポート作成中は1ページ目の一番上に課題内容をテキストボックスで配置(画像右側、オレンジ色の部分)。長文を書いていると本来の目的を忘れがちだし、ためし印刷したときに課題が一発で分かるようにしておきたいのでいつもこうしてます。
史学概論レポ作成風景


3.色変えを使いこなせ!
画像には映っていないけど、本文も文字の色を変えたり蛍光ペンで色をつけたり非常にカラフル(笑)重要な部分や主張したいことは赤、引用文は青、註釈番号は蛍光ペンの黄色・・・などと決めて、抜けがないよう気をつけます。

ちなみに、ワープロ不可の科目であってもWordで作成+印刷→校正しています。
校正が終わったら手書きで写経(笑)
つまり、上記1と2はどの科目のレポートであってもいつも行っています。



4.印刷するときはコピーファイルで
本番印刷するときは、(1)ファイルごとコピー→(2)文章を黒一色に変更→(3)印刷→(4)コピーファイルは削除。元ファイルは変更なしでそのまま保存&バックアップで完了♪
元ファイルの文字色を変更し印刷、その後元に戻す・・・のでも良いけど、ちょっとした操作によって色設定がパーになってしまうことも。。。
色設定を残しておけば自分が重要だと思っていた箇所が一発で分かる、分かりづらい註釈番号もすぐに見つかる・・・と利便性がup。レポートがDで返却された場合でも、文章を見直す際に理解しやすい・・・という一面も♪
・・・いや、極力Dは勘弁願います(^^;

ちなみに画像左側のウィンドウは「NanaTree」、いわゆるツリー型メモ帳とかアウトラインプロセッサとか呼ばれているソフト。親ツリーに章立て、子ツリーに章の要素をぶら下げて論旨の構成を組み立てます。階層的に文章を眺められるし、ツリーの移動も簡単なのでなかなか重宝しています。リッチテキストへのエクスポートが出来るから、Word文書にすることも簡単。

あえて5つ目を挙げるならば・・・

5.レポート文章を階層構造で捉えよう

オリエント考古学のレポートでは、テキストやら参考文献から使えそうな文章を見つけてはNanaTreeに項目ごとに打ち込み、階層構造を組み直して、Wordにエクスポート・・・などという手順でやってみました。
まだ使いこなせているレベルではないけれど、階層的に文章構造を理解できるのはgoo。もっと有効活用できるようになりたいなぁ。


これらのテクニックは、パソコンが使えるからこそ成せるワザ。
パソコンが無かったらワタシはレポート書けないなー、きっと。。。



おつかれさまです
Word使って効率的に作成されていますね~^^
2日で作成とはオドロキです!

モニタは24のUXGAですか?
スペース広くていいですね^^

アウトラインプロセッサって分かりやすくてよさそうですね。
自分はWordで適当にまとめちゃってます><

科目試験目指してお互い頑張りましょう~♪
【2007/09/04 14:31】 URL | ウタちゃん #-[ 編集]
レポお疲れさまでした♪♪
>色変えを使いこなせ!
これは、わかりやすくていいですね!今度から真似させていただきます( ̄▽ ̄)v

哲学、なんとか出せました。
3題目だと、与作先生のホームページの情報がけっこう役に立ちました♪♪
【2007/09/04 21:15】 URL | くろ #-[ 編集]
無事投函♪
▼ウタちゃんさん
こんばんは~!
レポート4教科提出のウタちゃんにはまったく及びませんです!それでも最低2科目は受験したかったので、無理やり出しちゃいましたよ、ハイ。・・・危険な賭けだなぁ。

モニタは15.4インチのWSXGA+(1680x1050)です~。DELLのノートPCなんだけど、デスクトップスペースが広くて使いやすいです♪字の小ささは慣れちゃいました(・∀・)

最初はWordにガシガシ打ち込んでいたんですが、文章の構造をもっとはっきり理解したくてアウトラインプロセッサを使い始めました。まだ使いこなしてはいないんですけどね~。

10月試験、頑張りましょう!おっと、その前に夜スク開始ですね、早いな~。


▼くろさん
こんなテクニックで良ければ、どうぞ使ってやってくださいな!

哲学レポ提出、お疲れさまでした♪
3題目って、サールの「中国語の部屋」の課題だっけ。与作先生HPのぞいてみようかなー。
そういえば、横尾剛先生のHP。2005年&2006年度の資料公開がいつの間にか終わってました(;´Д`)
2006年の資料、DLしとけば良かった・・・orz
【2007/09/04 22:28】 URL | なち #ihMNMLjo[ 編集]
レポート作成にPCはかかせません
2日で作成とはすごいですね!集中力もあるんですね!

自分もPCでレポートを作成しています。多少、作り方が違うので、参考に!

まず、本番提出用とネタ作成用の2枚のシートを使います。1文書に複数のシートを作成できるワープロソフトの方が管理が簡単です。(WORDは多分EXCELのようなマルチシートはできなかったと思います)
ネタ用のシートにテキストや参考文献で使えそうな部分をインプットします。この時、絶対レポートに記入すべきだと思う部分は赤字で、どうかなと思う部分は青字という風に色分けすること、及び参考にしたページ番号を記入しておきます。ランク付けも適時していますが、決まった整理方法はまだ確立せず、その場の気分で使用しています。
次にネタが揃ったら、本番シートとネタ用シートをウインドウに同時に広げて、本番様シートにひたすらコピー&ペーストします。もちろん本番シートは提出用の設定をしておきますので、本番シートの作成が完了したら後はプリントだけです。
ネタ用シートはつぶさず、その後のノート代わりで試験対策にも使えまし、持ち込み可の試験はこれをプリントすれば試験にも使えます。
レポートが複数回あるもの、再提出になった場合は、前のシートはそのままにして、同一ファイルにシートをどんどん追加して、科目ごとに1ファイルをキープすれば、ファイルの数が増えて、どこに何があるかわからなくなる心配はありません。

入学以来この方式でレポートを全部作成していますが、3~4年前に買った17インチの液晶ディスプレイが、買った当時は大きいと思ったのですが、今は小さくて使いにくくなってきました。
現在40~50インチの「でかい」のを買って文書をいっぱい広げられる様画策中です。

9月初めまでは、他の要件で通信の学習も手がつかなかったのですが、ようやくかたづいたので今週から再開です。再提出になった史学概論は再提出様のネタはできたので、今週中に完成できるでしょう。初回のレポートで貴重なコメントをいただいたので、その指示に従えば、今度はパス間違いなし。(と思っています)
7月試験はパスしたので、レポートも早く完了させたいです。

【2007/09/05 23:13】 URL | hiro #-[ 編集]
レポ作成法、いろいろ♪
▼hiroさん
いやー、今回は集中力と言うより「焦り」ですね~。
先に取り掛かったオリエント考古学があまりにも集中力なさすぎて、時間かかり過ぎたことも要因のひとつです。反省。

史学概論はhiroさんとBlackTigerさんのやり取りを拝見させていただいていたので、とても参考になりました(*^^*)
再提出レポ、合格をお祈りしています!代わりにワタシのレポ合格をお祈りしてください(笑)

レポ作成方法、ありがとうございます!「ネタ」用にテキストや参考文献から文章を打ち込むのは、PCでレポ作成の基本ですね(笑)


>1文書に複数のシートを作成できるワープロソフトの方が管理が簡単です。(WORDは多分EXCELのようなマルチシートはできなかったと思います)

マルチシートいいですね!なんというソフトをお使いですか?
Wordはシート作成はできないんですよねぇ、Excelみたいにマルチシートになったら便利なのに。。。
ワタシはWordやアウトラインプロセッサだけでなく、場合によってはExcelも使います。オリエント考古学の課題「新アッシリアと新バビロニアとアケメネス朝ペルシアそれぞれの領地拡大手段における共通点と相違点」の場合は三帝国の各政策・手段に関する一覧表を作った方がわかりやすいので、Excelにそれを作成しひと目で各項目を捉えられるようにしたりとか。

こうなるとファイル数は必然的に増えてしまうので、科目ごとにフォルダe-79を分けてそこにまとめて保存してます。


40~50インチのディスプレイって、超デカイですね!TVも兼ねるタイプでしょうか。
デスクトップは大きく使えるに越したことはないですね。ワタシはもうXGAには戻れませんe-263
【2007/09/06 20:48】 URL | なち #ihMNMLjo[ 編集]

最近レポがかけないのですよ。
集中できないのが敗因?2日完成がうらやましい。。です。
に、しても、なちさんのヒントはいつもすごく参考になります。。ありがとうございます。
【2007/09/11 23:17】 URL | まぁる #-[ 編集]
レポ作成その2
先にかたづけなければなければならない件を対応している内に、レスが遅くなりました。

マルチシートの対応できるワープロは一太郎です。ちなみに3年ぶりにVer.UPして2007を使っています。ExcelやWordの文書も一太郎のシートとして同一文書に取り込めます。ただしこの機能は制限が多くて使い物になりません。
なにせ、PCのDISKには文書は山のようにあって、これ以上訳のわからない文書は1つも作りたくないのです。

マルチシートは、文書管理に便利で、何年か前にWordでもあればいいのにとM○社のお姉さんに食い下がったのですが、どうしてもやりたくないみたいです。
なぜかというとE△で実現している機能を、やたらと取り込むと、M○社の製品同士で無用な軋轢がでるのでというような事を言っていました。なんとWORDの開発者はE△なんてソフトを使わず、すべてWORDで済ますようです。変な話ですね。どこかの政党とやることが似ています?

ツールは自分が便利なものを自分流に使うのが良い!

レポートの合格お祈りしています。(もちろん自分の分も(^o^))
【2007/09/13 23:27】 URL | hiro #-[ 編集]
まぁるさんへ
こんにちは~。お仕事お忙しそうですね。
常に仕事も勉強も両立させるなんて到底無理なこと!・・・と頭を切り替えて、今できることに集中した方がトータルでみればバランスが取れるのかもしれません。

2日で完成できたのは、その前にやっていた科目に時間かけすぎて時間が足りなくなっただけなんですよ。
全然褒められた学習姿勢じゃありまへん(´ヘ`;)

こんなテクニックで良ければどんどん使ってやってください♪
【2007/09/14 11:31】 URL | なち #ihMNMLjo[ 編集]
hiroさんへ
マルチシートは一太郎でしたか。教えてくださってありがとうございました。ワタシ、以前の仕事の関係でMS製品漬けだったのでその流れで今もMS漬けで過ごしています(開発者の悲しい性です・笑)
これまでにもWordは一太郎からずいぶん「良いとこ取り」をしてきたから、「さすがにマルチシートは・・・」と自制心が働いたわけではないのですね(笑)

お互いレポート合格しているといいですね!これからもコツコツ頑張りましょうv-91
【2007/09/14 11:41】 URL | なち #ihMNMLjo[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

 ※コメントは管理人承認後に表示されます。詳細はこちら。


管理人の承認後に表示されます【2012/06/26 23:26】

Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。