日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/11/24 15:15
昨日「まだまだあぶない刑事」を観てきました。
11/25までのロングラン上映、行かないわけにはいきません。昨日は祝日&レディースデイが重なったこともあり、朝10時過ぎにはチケット売り場に長蛇の列、列、列。この映画館がこんなに混雑しているところを観たのははじめてです。
そのほとんどは「ALWAYS 三丁目の夕日」を観る人々。一方この日のあぶ刑事はシアター7(座席数121)というやや小さめの劇場。さすがにもうあぶ刑事を観る人は少ないかなぁ。。。とちと寂しい気分になったものの、開場後あれよあれよという間に座席が埋まっていく?!
最終的には9割以上の座席が埋まってしまうほどの大盛況ぶり!!
まだまだイケるんじゃない♪


さて、今回は”個人的気になったトコロ”。
ネタバレ大アリなので、ご注意を。
気になったトコロといいながら、
半分以上余計なお世話なツッコミです。かなり辛口?

1.カシコイ動物
課長トオル・取調室で軟禁(笑)シーン。
(飛ばされるなら)ゴルフかメジャーリーグ観戦というユージに対して、鋭いツッコミをするトオル。
ユージ「この野郎、カシコイ動物になりやがったな!」
の瞬間、トオルの顔がタカに隠れて見えない。これは残念。
どこかのインタビューでトオルさんが「恭兵さんに”カシコイ動物”と言われて嬉しかった」という内容の答えをしていた(と記憶している)のですが、この瞬間トオルさんがどんな表情をしていたのか個人的には非常に気になるのであります。

2.ピエピエ安
定年退職間際の安田さん。
寄せ書き色紙の裏にユージが書いた言葉が「ピエピエ安」。
ちなみに「ピエ」とは韓国語で「逃げろ」という意味だそうで、公式ブログによると恭兵さんお気に入りの単語らしい。公開されているメイキング映像NO.11をみてみると、確かに「ピエピエ」言っているシーン(映画では全部カットされていた)もあれば、インタビューの中でも最後のシメに「ピエ」と一言(笑)
色紙にこの言葉を書いたのはもちろんアドリブなんですが、上記のとおりカットされてしまった関係で他のどのシーンにも「ピエ」ネタが登場しておらずいまいち分かりづらいんですよ~。。。

3.水嶋刑事の一言
脱獄した尾藤の捜査で、最新鋭のハイテク刑務所を訪れたユージと水嶋。「こんなところをどうやって脱獄したんだ?」というユージに対し、「侵入不可能なシステムなんてありません。問題はどうやって脱獄の手引きをしたかです」(<セリフ不正確)という水嶋。
この一言がきっかけでユージは尾藤への面会者を調べることを思いついたし、それを調べたカオルから鹿沼刑事がこの刑務所の見学をしにきていたことも判明する・・・という流れ。
でも個人的には納得いかないんですよ。自らの”計画”を発覚させてしまうようなセリフを伝説の刑事に言うという行為自体が。何度観ても引っ掛かってしまうシーンなのです。。。それとも「時代遅れの先人刑事たちに見破れるはずかない」という過信があったのかなあ。

4.水嶋の血は??
水嶋つながりでもうひとつ。
クライマックスシーン、左腕を撃たれた水嶋刑事。・・・のはずなのに、どうして血が出てないの??スーツは思いっきり破けているのに?拳銃を構えられないほどの怪我のはずなのに?
血のりを使わない理由ってなんだろう???

5.拉致
ストーリー序盤は出番多数だった水嶋&鹿沼両刑事。
核心に迫るにつれ徐々にフェードアウト(?)していくあたりは、観ている側としては「うそ!そうなるの?!」という驚きもあって良かったと思います。
が、しかし。「水嶋と鹿沼も尾藤に拉致されたらしい」という展開(トオルが深町本部長に報告するシーン)に、思わずちょっと待ったコール。
尾藤からの電話では「美咲涼子を預かった」というセリフはあったものの、二人の刑事についてはなにも触れられていなかったはず。ちょっと唐突な印象。観賞3回目、4回目と水嶋&鹿沼にも注目して観ているんだけど、それらしき複線はみられないし。う~ん。これもカットされたシーンのひとつ?


さて、109シネマズ木場での公開も明日11/25で終了。
明日のレイトショーにも行く予定です。
続けて千葉方面へ遠征予定。
ワタシのアブデカ道もまだまだ続くのであります(*`∇´)b

















管理者にだけ表示を許可する

 ※コメントは管理人承認後に表示されます。詳細はこちら。



Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。