日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/11/02 18:35
109シネマズ木場(江東区)で「まだまだあぶない刑事」を観てきました。
10/22の初日に続き今回が2回目。

この映画館は8個の劇場があるシネマ・コンプレックス。
イトーヨーカドー木場店の3階にあるので買い物も便利。設備も新しく椅子もゆったりしているので結構穴場な映画館。


上映まで30分以上あったので、2階の書店へ。
あぶ刑事大特集が掲載されている「まだまだ刑事マガジン」と、舘ひろしさん&柴田恭兵さん+仲村トオルさんのインタビューが掲載されている「ACTORS STYLE」を購入。
「ACTORS STYLE」は小市慢太郎さんの特集ページ(豪華4ページ!)もあるので、ワタシにとっては購入必須アイテム(笑)

4777802000まだまだ刑事マガジン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4812423929ACTORS STYLE Autumn 2005 (2005)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3階に戻りパンフレットを買うため売店に行ってみたものの、やっぱりあぶ刑事グッズはほとんどありませんでした。Tシャツとメールガードシール(携帯画面の覗き見を防ぐためのシール)、サントラCDの3点のみ。ちと寂しい。もしかしてもう品切れ状態?


さて、劇場内はビックリするくらいひとけナシ(@_@;)
全席指定なのでI列中央の一番見やすい席を確保したものの、上映が始まる直前になってもワタシの前の列には人っ子ひとりいない状態。振り向いても観客は全部で30人ほど。

平日の午前中とはいえ、今日はレディースデイ。
女性なら終日1000円で映画を観られる絶好の日。
なのに、それなのに。。。( ;´・ω・`)

江東区民よ!
もっと109シネマズ木場に足を運ぼう!!




以下、映画の感想というよりささやかツッコミ集です(笑)
ネタバレOKな方だけ続きをドウゾ。
■愛川さんと土橋さん
それは、元少年課の愛川さんや元交通課課長の土橋さんの登場タイミング。いかにも説明チックな登場は、摩訶不思議シーンの代表例。
特に土橋さん。
定年退職後、遊園地の警備員をしている設定なのはいいとして、あそこで自ら名乗るのはちとおかしくないかい?

TVシリーズからのメンバーなので、スクリーンに出てきてくれたのはファンにとって喜ばしいことです。でも話の流れからすると、それほど必要性のあるシーンだとは思えない。。。
だったら、メリーゴーランドが爆発してオロオロしている港署メンバー(パパさん、ナカさん、谷村さん)と偶然遭遇して一緒にオロオロ→途中パパさんが気づいて「あれ?あれっ!??」みたいな感じで、”知ってる人は知っている”的なシーンの方が密かな楽しみが増えるのになぁ。


■増殖する警官
これまた摩訶不思議シーン。
こんなに多くの警官に追われているんだぞ!というのを強調しているのはわかるけど、ありゃ多すぎでしょ!?(笑)
ヒゲにロン毛にと、異様な警官勢ぞろいだった「リターンズ」に比べれば全然許せますが。あ、ユージにひっぱられるタカさんがナイスだったので帳消し(*`∇´)b

でも、取り逃がしたタカ&ユージを見送りながら悔しがるシーンはいらなかったような気もしないでもない。その代わり松村署長との会話シーンを長くしてくれ、と。


■瞳ちゃんの涙
タカ&ユージが港署に凱旋したシーン。
瞳ちゃん、ハンカチ取り出してウルウル。
あの涙の80%はユージに向けられたモノに間違いない(笑)


■ラストの展開
最後の最後で「幽霊」ネタ。
ファンの中でも特に賛否両論あるこのシーン。
わざわざこのシーンをつけた脚本家の意図はなんだったんだろう?なんだかモヤモヤして頭に「?」が浮かぶような感じ。鳥井監督自身、『最初台本を読んだ時、僕は「ウソでしょ?」って。』(パンフより引用)と思ったそうです。

1回目観たときには「このまま幽霊になるか、現実になるかは、スクリーンの前のあなた次第」と突きつけられたような感覚がしたのですが、2回目の今日はその意図が一層気になってしまったのでした(^^;

しかし、パンフには続きがありました。
埠頭での2人は現実です。』と言い切る監督の言葉。
もう、それだけで十分!




(内輪ネタ)
先日ふとしたことから知りました。
ダンナが舘さんのことを「○○だから好きじゃない」と思っていたことを。まったく知らんかったよ・・・orz
一緒に映画を観に行きたいと思っていたけど、好きじゃないものを無理に誘うことはできないので断念。一人でも入場者数を増やす手段だったのに~。<ォィ

個人的には映画のストーリー以上に衝撃的な事実!

結婚して丸4年。
私たち夫婦も「まだまだ」ですな(^^;



2度目のアブデカ♪
こんばんはー!今更ですが舞台挨拶の時はお世話になりました♪もうあれから2週間も経っちゃったんですねえ。早いもんです。ところでうちも2日に2度目のアブデカ観に行きましたよー!無理矢理誘った友達も大満足でした(^皿^)明日はまた別の友達と行きます(笑)広めまくって次回作に期待したいです♪にしてもこっちもホント人少なかったです↓↓グッズもパンフしかなかったしもうちょっと入荷してほしいもんです(><;もう何処にもないのかなぁ。ラストのあのシーンってそうゆー事だったんですか!うちは2度観ても意味わかんなかったです(^^;確かにあのシーン何の為に付けたか謎ですねえ。
【2005/11/05 00:43】 URL | うりゅー #-[ 編集]
コメントありがと!
うりゅーさん、いらっしゃいませ!
レス遅れてごめんなさい~。
こちらも舞台挨拶の時はお世話になりました。うりゅーさんが隣にいてくれたから8時間耐えられました(笑)

あぶ刑事ファンは当然劇場に足を運ぶだろうけど、ファンというほどではない一般の方にも観て欲しい映画です。ガンガン広めまくっちゃいませう♪

グッズ、やっぱり品切れなんですね(;´Д`)
公式サイトから通販申込みするのが一番確実なのかなぁ。でも今回のグッズは少なくてちと寂しい。。。写真集とかシナリオ本(小説)とか欲しいのにっ!

ラストシーンの本当の意図はなんだったんでしょうね(^^; 「何度も劇場に足を運んでもらって、あれこれ考えてください」という製作者側の切実なメッセージだったりして(笑)
【2005/11/07 11:06】 URL | なち #kfYhFr0Y[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

 ※コメントは管理人承認後に表示されます。詳細はこちら。


ダンディ鷹山&セクシ~大 ぽとり映画【2005/11/02 23:25】

Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。