日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
Monthly Archives.  << 2009/05 >>

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/31 22:04
3月から始まったFP3級講座。今日で前半7回が終了。

公的年金や保険などの基礎知識を身につけるため受講してますが、前回&今回教わった「金融資産運用」はさっぱり分からない(;_:)

投資信託、債権投資、株式投資、外貨建て商品とか、いわゆる「経済」関係のお話がたんまり出てきたけれど、日経新聞も読んでなければ株も興味ない私にとってはまるっと未知の世界・・・orz
計算問題は理屈を覚えれば式を暗記できるけど、そもそも債権やらクーポンやら日経平均225やら、基礎的な言葉が理解できていない

先生は「1万でも2万でもいいから実際の運用をやってみると理解しやすいので、ネット系証券会社などで投資信託の口座を作ってみましょう」とおっしゃっていたけれど、敷居が超高い気がしてどんな証券会社があるのかすら調べてない。

・・・いや、それ以前に経済学入門の類の本で基礎の基礎を抑えないとヤバイ!!!
どなたか初心者向けの本などをご存知でしたらお教えください。。。
スポンサーサイト
2009/05/28 15:44
本格的に暖かくなってきたのでようやく衣替え。
タンスの上の段ボールを下ろして、冬服をしまいました。

タンスの上のにゃんず

空きスペースとなった場所にのぼって得意顔のにゃんず。


・・・ん?
なんか面白い顔のヒトがいるような・・・?
拡大してみましょう。









鼻頭越え!

ルッカさん、ベロ長っ!!鼻頭をゆうに超えております。


2009/05/28 15:25
緑と猫

「各記事のコメント欄からのコメント投稿」と「拍手ボタンからのメッセージ送信」の使い分け、およびブログ管理者からのお返事の有無についてのお知らせです。


当ブログでは、ご訪問者サマが何らかのメッセージを残す方法として次の2つがあります。

1)各記事「Post a Comment」欄の利用
・いわゆる普通のコメント投稿はこちら^^。
当ブログではスパム投稿防止のため、コメント欄からの投稿メッセージは「管理人承認後に表示」するよう設定しています。(投稿コメントはリアルタイムに反映・表示されず、管理人による承認後はじめてブログ上に公開されます)
コメント内容は「公開/非公開」の任意設定が可能です。

 →管理人は必ずお返事いたします(内容によっては例外アリ)。



2)「拍手ボタン」の利用
「気軽に足跡だけ残したい」「コメントを送るほどじゃないけど応援したい」という方はこちら。
クリックすると「拍手回数」が増加していきます。
管理人へのメッセージ送信は「任意」です。拍手のみでも大歓迎♪
メッセージ内容は「完全非公開」です。(常に管理人しか閲覧できません)

 →管理人のお返事はありません。メッセージは有難く読ませていただきます^^
  拍手ボタンをクリック時のみ表示される「お礼イラスト」あり。気まぐれに追加中。





状況に応じてこの2つの方法を使い分けていただければ幸いです。


皆さんからの投稿コメントや押されたボタンの回数、送信メッセージは
管理者の励みとなると同時にやる気にもなります!!

以上、よろしくお願いいたします。m(__)m
2009/05/27 00:11
月曜日、皮膚科に行って頭と耳の湿疹を診てもらいました。
その直後の医師の言葉にびっくり!!


帯状疱疹かもしれない」

頭頂部の湿疹を中心に、耳たぶ~耳の後ろのリンパ節の腫れと、身体の左側のみに広がっている現状から帯状疱疹と診断された模様。
頭皮の湿疹は黄色い結晶みたいなかさぶた的なものがついていてネバネバした分泌液も出ていたことから「肥漏性皮膚炎」かな・・・と思っていました。しかし、この湿疹は2週間ほど前から徐々に頭皮に広がってゆき、痛かゆさも出てくる始末。それでも「帯状疱疹」は想像もしていなかったので、一瞬思考回路が止まりかけましたわ(^^;

耳の後ろに凸凹ができ、リンパ節は熱を持って腫れた状態。普通の状態でいても痛みがあったので、赤外線のような温かい光を当ててもらいました。
抗ウイルス薬「バルトレックス」他、数種類の飲み薬と塗り薬を処方してもらって帰宅。


薬のおかげなのか、頭皮の痛みと分泌液は無くなった。炎症が抑えられたのかな。
一方、リンパ節は熱は引いたけれど痛みと凸凹はまだある感じ。とほほ。


2009/05/25 23:17
超特急レポート完成

2日でレポートを書き上げて、ゆうゆう窓口へ持ち込んで間に合わせました。。。
選択したテーマは、p88「3.批判の構造」。
要約したあと、筆者に対する反論をつらつらと書いてしまいましたが結果はいかに?


今週は大学の勉強は一旦休み!!バイト&図書館から借りた本の読書します。
すっかり中断中のテイルズ オブ ハーツも再開(というかクリア)したいな(^^;
2009/05/24 22:52
4回目の通院。
レポート提出締切りに追われる私に代わり、今回はダンナに行ってもらいました。

ここのところ玄関のサッシ部分を舐めなくなったルッカ。耳に赤みが出てきており、免疫抑制剤とステロイドが効いているようです。
獣医師も「見た目でも血色が良いので、今回は血液検査は省略しましょう」と判断するくらいなので、貧血はかなり改善してきている感じです。

投薬の間隔も「2日に一度」から「3日に一度」へ変更になりました(^^)
しかし、ここで薬を切らすとまた貧血が悪化するので要注意。ゆっくり治療していこう。


■本日の検査結果■
体重:3.20kg
体温:38.2度
PCV:検査省略
2009/05/23 11:28
心理・教育統計学と都市社会学のレポート2本を書く予定でしたが、
再び湿疹が出てきてしまい、とても集中できる状態ではなくなってしまいました・・・orz

残り必要単位数を考慮した結果、今回のレポ提出は「現代倫理学の諸問題」1本に変更。
幸いこの科目はテキストのどこの箇所でも任意にテーマ設定しても良いので、自分の研究分野に関連する箇所をテーマに選び、すでに所持している参考文献と昨日借りてきた参考文献があればなんとか書けそうな印象だったためです。

さてさて、書けるでしょうか・・・( ;´・ω・`)
2009/05/23 11:07
顔の湿疹が治ったと思ったら、今度は頭と耳に湿疹が・・・
皮膚炎や湿疹とは縁の無い生活を送ってきた私にとっては結構ショックです
2週間前のパーマがいけなかったのか?(いや、このときすでに小さな湿疹があったっけ)
3週間前のヘアカラーがいけなかったのか?
学友たちとのもんじゃオフ会&卒論指導後に飲んだチューハイがNGだったのか?
帽子をかぶらないで外出したのがダメだったのか?
それとも、生活リズムや食生活が根本的にダメダメなのか?

花粉症発症や卒論執筆といったこれまでに経験の無い出来事が重なって寝不足と疲れがあったとは思うけど、これほど皮膚の炎症に襲われるとは・・・orz


今日はかかりつけの皮膚科にいけないので、月曜日かな。ふぅ。。。
2009/05/21 15:37
2回目の卒論指導が終了しました。
前回の「ゼミ形式」とは異なり、今回から「個別指導」になります。
持ち時間は45分、あっという間に終わりました・・・。早い~ヽ(;´Д`)ノ

卒論指導2回目




とりあえず卒論は一旦中断し、5/25までレポート作成に集中します。2本提出予定なのにほとんど着手できていません・・・とりあえず1本は出せるようにせねば。

2009/05/20 23:57
4月の科目試験成績通知、本日到着しました。

2009年4月科目試験結果

【6/25追記】
西洋哲学史1のレポート合格しました。晴れて4単位追加~
2009/05/13 19:49
GW中にケーブルテレビ受信用の機械(STB)を交換したした関係で、有料チャンネルがまだ試し視聴できています。おかげで『ゲームセンターCX』は「レイラ」と「星のカービィ 夢の泉の物語」を観れました。ラッキー!STB交換に来てくれた担当の人が「多分連休明けくらいまでは有料チャンネル観れますよ」と言っていたからそろそろ観れなくなるはず。寂しくなるなぁ。。。


以下、カービィの回の名言。深い。

「天才的な閃きと平均以下のテクニック」 by有野課長

「ゴールを考えてそこから引き算していけば、今すべきことが見えてくる」 by和尚




2009/05/10 19:18
おいしいものだけ食べたいにゃ

最近好き嫌いが激しいクロノ。
今まで食べていた猫缶にはほとんど口をつけず、カリカリが出てくるのを待つ。銀のスプーンが一番のお気に入り。動物病院でもらったサイエンス・ダイエット(ヘアボールコントロール)も結構好きらしい。
味覚の変化?それとも心境の変化?
2009/05/09 23:46
次回指導に向けて、卒論本文を指導教授へ郵送しました。
今回のノルマ(?)は章立ての構成と序章分。
「とりあえず書いてみてください」というお言葉どおりに書いてみましたが。なんとな~く、普段書いているレポートの長編バージョンという感じがしないでもない( ;´・ω・`)
こんなのでよいのでしょうか・・・????

できれば第1章も書き上げたかったけれど、論文の方針にもやもやした感じがまだあるんだよなぁ・・・。
Word文書のページ設定は既存の学術論文を参考にして「ま、こんな感じでしょ」と適当に設定してしまったけれど、標準フォーマット的なものがあるのかな・・・?

不安と疑問が散在中・・・orz


とりあえず卒論執筆が一段落したので、指導日に向けて準備を進めつつもぼちぼちレポート書きに入ります。心理・教育統計学と都市社会学(L)あたりで。

2009/05/07 13:38
今朝の『とくダネ!』で特集していたのは在宅介護。
在宅介護をしている方々がある場所に集まり互いに話をしたり聞いたりすることで、悩みを発散しストレスを解消できる・・・という紹介がありました。

「独りで介護していて孤独だ」
「自分の辛さなんて他人は分からない」
「あの人はうまく生活がまわっていて羨ましい」
「ゴールどころか、明日も見えず不安」

先月、清水由貴子さんの自殺で再びクローズアップされている在宅介護をしている方々の悩み。一般的な社会問題というだけではなく、いずれ自分にも関係してくる現実問題。



そんな在宅介護者の悩みは、通信教育生のそれとどことなく似ている感じがしました。

「独りで勉強していて孤独だ」
「大学と仕事と家庭。この大変さは他人には分からない」
「あの人は順調に単位が取れていて羨ましい」
「自分の学習方法は正しいのか?卒業がまったく見えず不安」



周りに学友がいる通学課程と異なり、基本的に「独り」で学習する通信課程。授業に出ていれば単位がもらえる受動的な態度ではなく、こつこつレポートを書いて試験を受け続ける能動的な態度が必要不可欠です。
しかし自由が多い反面、周りに対する視野を失わせ心身共に「閉じこもり」にさせてしまう。
ひとつの目標にすぎない「卒業」ということばが、本人が気づかないうちに「通信教育」自体を負担に感じさせてしまう。
そうならないためにも「悩みを発散しストレスを解消できる場所」は大切なのでしょう。


・・・じゃあ、私にとって、その「場所」ってどこだ?
2009/05/06 12:23
先日大学から届いた副教材の中の『三色旗』。
例年、『三色旗』の5月号と12月号には「卒業生・卒業論文題目一覧」が掲載されます。普段は目次を見て興味のある記事を読む程度の私でも、卒論題目一覧が掲載されている号だけはしっかりチェックして保存しています。チェックするのは次の2つ。
 1)先輩たちがどういうテーマで卒論を書いたのか
 2)テーマと指導教員の関係性

これから卒論テーマ探しに入る方は要チェックです



・・・余談だけど、以下思い出した話題。

初回卒論指導申込みの1ヶ月くらい前、自分の卒論テーマをしっかり決めきれず悶々としていたことがありました。
そこで、所持している分の『三色旗』を引っ張り出して「卒論題目一覧」から自分に関係ありそうな分野の題目をピックアップ。同時に、自分がやろうと思っているテーマが通信生によって先行研究されていないか確認しました。入学以前の卒論題目一覧については大学図書館に行って所蔵されている『三色旗』をコピーしたり、第1回~85回卒業生までの卒論題目が掲載されている『卒業論文の足跡』を買って確認したり。




これらを見て気づきましたが・・・


  Read more...

2009/05/05 23:54
先日までは病院の受付・看護師・薬局の人などなど、会う人会う人に「うわ、痛そうですね。。。」と言われてきたけれど、皮膚科で処方してもらった内服薬と塗り薬のおかげでかなり症状が改善してきました。

土曜日、再診してもらったが、顔に出来た赤いまだらは「にきび」だけではなく「湿疹」もみられるそう。ヒノキ花粉症に寝不足やストレスがプラスされて出てしまったらしい。医師からは『寝不足はダメだよ。あと直射日光を浴びると悪化するから絶対NG!』と言われ、ご丁寧に日焼け止めクリームを処方してもらいましたよ。


今日は鼻の中の「じくじく状態」と顔の痛みがおさまったので気持ち的にも楽。

やろう、やろうと思っていたヘアカラーをようやく実行(カラーリングだけは美容室ではなく毎回自分でやる)。今回はキャラメルブラウンにしてみた。待ち時間はDSで英語の勉強。すき間時間が活用できて素敵。


さて、なかなか捗らなかった卒論準備もちょっとだけ進めた。目次(の叩き台)のみだけど。
序論までは書き上げて、土曜には郵送しなくては。
2009/05/04 22:47
ケーブルテレビ放送を受信するのに必要な機械、デジタル・セットトップボックス(STB)が故障してデジタル放送が受信できなくなった。1週間ほど前から突然映像が止まったり画面に横線が出ていたりと予兆はあったものの、今日は電源OFFすらできず「機能待機」と「受信」状態を怪奇現象みたいに勝手に繰り返し、画面は静止した砂嵐状態。
フリーダイヤルに電話して症状を伝え、オペレーターさんの指示に従ってリセットボタンを押したりコンセントを抜いたりしたけれど、結局改善の兆しなし。電話の向こうの人も「これはSTB交換案件」と察しがついたようで、電話の途中で「すぐに担当の者がお伺いできるよう、手配していますのでしばらくお待ちいただけますか?」と言ってきた。

ホントにすぐ来てくれるの?と思ってたら、ホントに20分程度(!)で担当者が到着。すごい。
すぐに見ていただくと担当者さんも一見して「これはヒドイですね・・・」と言うほどの状態だったので、STBの交換をしてもらってようやく正常にケーブルテレビ放送が受信できるように
GWなのにこの素早い対応。すばらしい。某ケーブルテレビさん、感謝。


さて、復活したテレビで何気なくCSを見ていたら「第78回早慶レガッタ」なる番組が放送されていた。先月隅田川で行われた慶應と早稲田のボート対校戦。私は見に行ったことはないけれど、CSでTV放送されるほどの大会だとは知らなかった。。。早稲田に三連敗中の慶應が悲願の勝利をおさめるラストはなかなかの感動もの。
CS放送「日テレG+」で明日5/5(火) 8:00~8:30に再放送されるほか、5/10まで何度か再放送される模様。興味がある方はこちらで放送時間帯などをご確認を。

私は久々に「ゲームセンターCX」視聴ができると知り、今から楽しみ(*´∀`)
2009/05/04 21:53
3回目の通院です。病院までの10分間ドライブが気晴らしになりつつあります(-。-)

ステロイドと免疫抑制剤


さて今日の血液検査の結果、PCV値は34%にup
ステロイドと免疫抑制剤は確実に効いているようです。よかったねー、ルッカ。
治療も順調なので、今回から2日に1回の投薬に変更となりました。免疫抑制剤の量は0.1mlと変わらないものの、ステロイドの量はこれまでの半分に。
少しずつ薬の量を減らしていくのですが、獣医さん曰く「薬を中止するとまた再発するから、今後はずっと続けた方が良い」と。薬を服用し続けると一種の免疫ができてしまって効果が弱まるのではないか・・・という心配が若干あります。実際のところはどうなのか分かりませんが。。。
次回通院は3週間後です。


■本日の検査結果■
体重:3.20kg
体温:38.2度
PCV:34%
2009/05/02 20:00
大泉さん入籍!おめでとうございます♪
道内でどうでしょう人気に火がつき始めたころ、「”大泉だ!”と街ですれ違う人に言われるのが恥ずかしいから」と言って彼女と歩くのを嫌がっていた大泉さんをふと思い出しました。実は結構シャイなお方です(^^)

大泉洋がフジテレビのプロデューサーと入籍

タレントで俳優の大泉洋(36)が2日、入籍したことを発表した。お相手はフジテレビドラマ制作センターの中島久美子プロデューサー(39)。
マスコミ各社に宛てた本人の直筆サイン入りファクスによると、昨春出演した同局系ドラマ「ロス:タイム:ライフ」がきっかけで放送後に交際を開始。大泉にとって中島氏は「未熟な私を精神的に強く支えてくれ、温かく見守ってくれる」存在だという。
大泉が所属する演劇ユニット「TEAM NACS」の、全国公演で初めて脚本・演出も手掛けた公演「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」が29日無事終了したことで、大泉の地元・北海道で婚姻届を提出した。
また、大泉は所属事務所の公式ブログでもファンに入籍を報告。「いつも応援してくださる皆様にご報告させていただきます。」という題で大泉は「北海道に基盤を持つ僕にとっては東京での仕事にまだどこかプレッシャーや不安を抱えている」自分を「本当にだらしなく未熟な自分を温かく見守ってくれる方です」と綴り、最後に「あぁ・・・・・・・・・こんなに緊張したダイアリー初めてだ・・・。」と現在の心境で締めた。
所属事務所によると、大泉の会見の予定はないという。

5月2日18時15分配信 サンケイスポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000521-sanspo-ent



ここ5年ほど東京での仕事が多くなりさらには東京のTV局の方とご結婚ということで、いよいよ北海道の実家から本格的独立&東京が生活の拠点になるのでしょうかねぇ。そう考えると、「北海道のローカルタレント」の代名詞もついに返上?・・・なんだか微妙に寂しい感じ。しかし上記には「地元・北海道で婚姻届を提出」とあって、なんだか微妙に嬉しい感じも。


あ!奥様との新しい旅だけではなく、どうでしょう班との新しい旅もお忘れなきよう!
・・・でももう「ホラ話」は聞けないだろうなー。寂しいなぁ(^^;


| HOME |

Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2009 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。