日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
Monthly Archives.  << 2008/10 >>

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/17 18:41
自分用の記録として記事をupしておきます。

<1期>
■哲学(専門)(2単位):B
講師は荒畑靖宏先生。4問出題、1問選択。論述式。自筆ノートと配布プリントのみ持ち込み可。
認識論の授業だったので、試験もそれに準じた内容。板書量が多いので一字一句もらさずノートに書き留めることはもちろん、自分なりの解釈を余白にメモっておくとよいかも。
試験時間が60分だったので、ワタシははほぼノートを丸写し状態になってしまった。A評価を狙うには、授業内容プラス自分の解釈を加える必要がありそう。


<2期>
■社会学特殊(2単位):A
講師は宮下克也先生。3問出題、1問選択。論述式。配布プリント、テキスト、自筆ノートのみ持ち込み可。
問題をあらかじめ教えてくれるので、興味をもった分野や解答が書きやすそうな分野に的をしぼり試験前にまとめておくとgoo。ちなみに、Wordで打ち込んだものをプリントアウトは持込みNGに該当するので、まとめた文章はノートに手書きしておきましょう。個人的にはとても面白い授業でした。


<3期>
■イギリス文学(2単位):A
講師は高宮利行教授。3問出題。論述式。すべて持ち込み可。
「自己紹介せよ」「授業の感想を述べよ」「あなたにとって『シャロットの女』のメッセージは何であったか?」という3本立てで、50分間の試験。
みてお分かりいただけるように、試験は授業内容の理解を問うものではなく、どんな通信生が受講したのかアンケート(?)的なもの。授業初日に「この授業では皆さんを落とすつもりはありません」とおっしゃっていた先生の言葉に納得!

■英語学(2単位):A
講師は井上逸兵教授。5問出題、50分。記述式。持ち込み不可。
あらかじめ出題予定問題を20問教えてくれるので、いかにそれを暗記するかがポイント。ちなみに、先生からは「解答は2~3行程度で」というご要望あり。的確にキーワードを入れて解答することが大切。
自己採点ではいくつかミスをしていたのでAはあり得ないと思っていたのに、この評価。先生自らがおっしゃっていた通り「採点は甘いです」が現実となったのかしら?



以上4科目、8単位ゲットです。有難くいただきます。(-人-)
スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2008 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。