日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
Selected category. [[大学]19世紀のフランス文学1]    

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/15 18:14
3月頭に提出したレポート返却、第三弾(最終)。

■19世紀のフランス文学1:B


バルザックの『谷間の百合』を読んで、登場人物の恋愛心理を論じよという課題。
いわゆる「文学」のレポート提出はこれが始めてだったので、小説は読んだもののどうやってレポートにしていけばいいのか分からず、これでいいのか?と自問自答しながらのレポ作成でした(^^;

講評欄には「作品の的確な理解が感じられる」「論理的に文章を構成しようとする姿勢も評価に値します」とある一方、「分析はやや表面的で十分な展開に欠けている」との指摘も。
正直、「文学」のレポートというのは何をどこまで書けばいいのかよく分からない・・・( ;´・ω・`)
主観的過ぎるのはレポートじゃないし、感想を述べただけでは読書感想文だし、
作品にのめりこみ過ぎてしまうと視野が狭くなりそうだし。


これから「19c仏文2」のレポート作成に入るタイミングだったので、
今回のレポート返却は嬉しい限り。
このレポのような書き方で次も取り組めばなんとかなりそうだ、という目処が立ちました
よし、この勢いに乗ってモーパッサン『オルラ』を読んじゃおう。



【19世紀のフランス文学1・参考文献ご紹介】

『谷間の百合』はもちろんバルザック作品の舞台が紹介されていて、小説からだけでは理解できない土地の位置関係や状況が思い浮かべられるので良い本でした。



バルザック―天才と俗物の間 (1978年) (中公新書)
霧生 和夫
中央公論社
売り上げランキング: 1120583
バルザックの一生と彼の周りの人物・状況がほどよく理解できる本。
手ごろに読みやすい新書本サイズの194ページ。サクサク読めます。



バルザック―レアリスムの構造
ピエール バルベリス
新日本出版社
売り上げランキング: 936990
405ページと分厚い本。通読はせず、部分的に参考に。



バルザック「人間喜劇」ハンドブック (バルザック「人間喜劇」セレクション)
奥田 恭士 佐野 栄一 山崎 朱美子 片桐 祐 菅原 珠子
藤原書店
売り上げランキング: 136253
バルザック作品における登場人物辞典、家系図、作品年表などが掲載。
19世紀前半の人々の服装などが解説されている「服飾解説」は見てるだけでも楽しい。

『谷間の百合』のストーリー全容を把握するには、バルザック「人間喜劇」全作品あらすじ (バルザック「人間喜劇」セレクション)もオススメ。
スポンサーサイト
2008/02/28 01:40
「バルザックの『谷間の百合』を読んで、登場人物の恋愛心理を引用をまじえて具体的に論じよ」というレポート課題を選択。

事あるごとに「僕はアンドル河に身を投げます!」と言う主人公フェリックスにツッコミ+「典型的?フランス男」に辟易。愛する女性・アンリエットに浮気がバレると涙を流しながら許しを請い、挙句の果て

「・・・僕は愛したりなんかしなかった。ただ、砂漠のなかで水に渇えていたんです」

と、のたまったフェリックスくん。
いやはや、男の論理はオモシロイですな(。・m・)

20歳そこそこで禁欲生活を強いられるのも酷な話ですが、自己中な論理を自分の防御に使うフェリックスに何の思い入れも持てないので、今回のレポートは”純潔の天使”アンリエット(モルソフ夫人)の恋愛心理をあれこれ書いてみた。
文学関係のレポートは初チャレンジのため、正直どう書いていいのか分からず( ;´・ω・`)
「引用をまじえて具体的に」という指定があるので、本文から該当箇所を抜き出して、それに対して論じる(いや、感想文?)というスタイルで進めてみました。これでいいのか??謎。


この科目は「ワープロ可」なので、あとは印刷するだけ~♪
・・・が、その前に1~2日間寝かせます。後から見直せば変なところも見えてくる~♪


さあ、本格的に西洋哲学史2へGo!遅れを取り戻さねば。
2008/02/15 00:28
社会学史2のテキスト通読が進まないので、19世紀のフランス文学1に手を出してしまった。

19c仏文1のテキストは文字も大きいし、1ページの下1/3は写真や用語説明なので、結構読みやすい。レポートはバルザックの『谷間のゆり』で書くことにしたので、テキストの第1部(概観)と第2部のバルザックの箇所をざっくり読んだ。
フランスにも文学にも興味薄いので、理解の度合いは謎。。。

目が痛くてテキスト通読どころじゃなかったけれど、うだうだしていたらもう2月中旬
早く19c仏文1と社会学史2のレポートを終わらせて、大御所(?)西洋哲学史2に着手しなきゃ。

明日は図書館で『谷間のゆり』を借りてきます。


| HOME |

Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。