日々あろくろくじ。
通信大卒業生が猫やら旅やら学習やらをつづる雑記帳
Selected category. [[大学]スクーリング]     < prev:

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/09 02:20
引き続き夏期スクーリングの振り返り。

■法学概論(神野潔先生)
「社会生活を送る上で必要な法的知識を得ること、法の全体像の理解および思考力を身につける」という目的で、具体的な判例や六法を参照しながら法学に触れました。

20100806_04.gif




さて、9月卒業予定の私にとって本当に最後のスクーリング、最後の授業となりました。
時間ぎりぎりまで粘って答案を書き上げて、試験終了したときは
「これで終わりなんだなぁ」とちょっと感無量
神野先生、楽しい授業をありがとうございましたm(__)m

夏スク2010
日吉キャンパスの並木道ともサヨナラ。
スポンサーサイト
2010/08/09 00:11
夏スク2010大学の夏期スクーリング(第1期)が終わりました。

出席された皆さま、お疲れ様でした。


「情報処理」と「法学概論」の2科目を受講しました。

私にとって本当に最後のスクーリング。
ということで、一科目ずつ振り返ってみたいと思います。

■情報処理(福田浩章先生)
「プレゼンテーションや資料作成など社会に出て必要となるコンピュータの基本的な使い方を、実習を通して身につける」という目的で、メールの送受信やWord、Excel、PowerPoint、HTMLを実習。

20100806_03.gif


続いて法学概論の所感はこちら

2010/08/06 03:04
明日(というか、今日)は夏スク最終日=試験。なので試験勉強!

メインは法学概論。
6日目の授業後、学友くんと図書館で試験範囲(出題項目)について予想。
講義中扱った中から4つを決めうちし、ひたすらPCでまとめております。

持込可とはいえ論述形式だし試験時間は60分間なので、
ある程度復習し文章をまとめておいた方が本番で慌てなくて済むので。



情報処理用には念のためコレ↓を購入しさらっと読んだだけ。
Word全般に関しては、会社でドキュメント作成したり卒論書き上げた経験から特に不安はないのですが、Excelのグラフが結構曲者!・・・さてと。もう寝よう

今すぐ使えるかんたんmini Excel2007厳選グラフ技
技術評論社編集部
技術評論社
売り上げランキング: 490075

2010/08/04 23:00
今日は大学→カルチャースクールとはしごして、朝から夜の8時半までずっと講義。

約12時間。

さすがに疲れました・・・
2010/08/02 21:35
夏スクによりExcel2007を使う必要に迫られたものの、未だOffice2003を使ってる私。

グラフ描写やExcel関数は分かるからいいんだけど、一番の敵は

Office2007から大幅に変更されたインターフェース!

うーむ、噂には聞いていたけどどこに何があるか一瞬戸惑う・・・



ということで、予習用にExcel2010(試用版)をインストールしてみる。
Excel2010

おや??Office2007には左上にWindowsのスタートボタンもどきがあるのに、2010ではないのね。
その代わりに[ファイル]タブが登場?もどきボタン、不評だったのかー



Office2010は2007よりマシみたいだし、
慣れれば新しいインターフェースも使いやすそうな気がしてきたし、
パワポのビデオデータ編集機能が面白そうなので
卒業する前にMicrosoft Office Professional Academic 2010買っちゃおうかな。

Microsoft Office Professional Academic 2010
マイクロソフト (2010-06-17)
売り上げランキング: 5


2009/08/15 22:27
夏期スクーリング(第2期)が終わりました。出席された皆さま、お疲れ様でした。

私は「心理学(専門)」と「倫理学概論(専門)」の2科目を受講しました。
8/8(土)が初日ですぐに日曜日で休み。残りの月~土までの6日間はぶっ通しで早起き&通学だったため非常に疲れた・・・orz
スク2日目は土砂降り&非常ベル鳴りっぱなし、3日目は静岡で震度6弱の地震、4日目で通学に飽きてきて、5日目は自主休校(笑)寸前までいきましたが何とか乗り切れてほっとします(^^;

■心理学(専門)
認知心理学の立場から人間の記憶や問題解決へのアプローチを学ぶ。
テストは持ち込み不可。出題範囲の事前予告的なものは一切なし。
先生が「ここは除外します」と明言されたもの以外、授業で扱ったほとんど全範囲を総復習

■倫理学概論(専門)
功利主義やカント主義から生命倫理(中絶、生殖補助医療、臓器移植etc)について。
テストは自筆ノート&配布プリントのみ持込み可。・・・そのわりには、出題された設問はなかなか捉えどころが難しい印象。

両科目ともぼちぼち書けたので、落ちはしないと思われます。


どちらの授業も卒論ネタとして使えそうなイメージやフレーズを少しいただけたので出席して良かったな、と。特に、倫理学概論のテスト終了後の「具体的な人と人との関係に基づいた生命のあり方」の話は良かったなぁ。ベースはベルクソンとのこと。うまくまとめられないけどこんな感じ。

パーソン論では人格を「生きる権利」として捉えるため、”社会に参加する能力がない人=人格がない=生きる権利がない”という論理になってしまう。

しかし、ベルクソンのように個々人の性格(≒人格)を「時間の幅を持つ、過去の経験や記憶全体から形成されるもの」として捉えるならば、人間が形成する社会は「人の経験がまとめられ紡がれた”歴史や物語”のすべてを他の人たちと共有すること」として捉えることができるのではないか。

そう考えるのであれば、パーソン論的には「生きる権利がない」と見なされた人(例:植物状態etc)であっても「周りの人と物語を共有している」と捉えることが可能となり、「語り継がれる”生”が、人と人との関係すなわち”社会”を作る」とも捉えることができるのではないか。
ベルクソンの「性格」概念と「具体的な人と人との関係」によって、パーソン論とは別の”生”のあり方を示してみたいと思っている。



スクーリング中は昼休み返上で卒論指導申込調査票作成のための準備をしていた私。
最終日、ようやく学食行けました。「福福ラーメン(味噌)」なり。今年で最後かな。
偶然席が一緒になった学友と話しながら写真を撮っていたら、すっかり伸びちゃいました(^^;
福福ラーメン(味噌)


今後は9月のFP試験勉強と卒論作成に集中。でもその前に一休み
・・・あ、DQ9は相変わらずハマってます
2008/09/17 23:29
今朝、夜スク受講票はまだかいなと書いたら、その日の午後届きました(笑)


<火曜日>
哲学特殊~田上雅徳先生

<金曜日>
哲学(専門)~福田敦史先生、村井忠康先生


ワタシは9/26(金)から12月上旬まで週2回の三田通いです。
通うのは問題ないけど、右腕の調子がまだまだ悪いので筆記が多い授業だとキツイかもアップロードファイル
2008/09/17 09:46
大学の夜間スクーリングが来週から始まるというのに、
まだ受講票が届かないのはウチだけですか??

こんなにギリギリまで届かないと、受講申し込みが受理されていないのではと思ってしまうねー。
2008/08/26 01:35
長かった夏期スクーリングも今日でラスト。
ついに、ついに!感動のフィナーレを迎えることができました


▼イギリス文学
朝イチから試験。「自己紹介せよ」「授業の感想を述べよ」「あなたにとって『シャロットの女』のメッセージは何であったか?」という3本立てで、50分間。
授業後半は、高宮先生がスクーリングを担当された時は必ず学生に見せるという映画『リタと大学教授』を観賞。これはアルコール中毒で人生の目標を見失う文学教授フランクと、公開大学の個人授業を受けにやってきた美容師リタ(自称)の2人がメインとなる大学通信教育を舞台にしたもの。
子供を産むことを望む夫と、子供を作る前に自分探しをしたい!と妊娠を拒絶する妻。
妻の拒絶の原因は大学のせいだ!と書物やノートを焼却する夫と、それでも勉学をやめられない妻。
二人の考えは決定的に異なり次第に不仲→離婚。
・・・程度の差こそあれ、大学通信教育を受けているとリタに自分を重ねて見る方が多いのでは?
ワタシは、リタの夫が大学の書物やノートを破り捨て焚き火の中に放り投げるシーンに、「ただ勉強したいだけなのに・・・」という悔しさと、「どうして分かってくれないの・・・」という悲しさを感じてちょっとウルっときてしまいましたなっ泣いてなんか・・・


▼英語学
午後イチ(?)から試験。5問出題、50分。
前日、出題予定の25問を全部まとめてExcelに表を作ってひたすら暗記。しかし、出題されたうち、「コンテキスト化の合図」をすっかり失念してしまい、的外れのことを書いてしましました(:_;) 他一問も半分しか書けず。
井上先生は「私の採点は甘いですから」とおっしゃっていましたが、自己採点では「ギリギリC」も在りえる・・・かも。。。



放課後、串田先生の「論理学(総合)」飲み会に飛び入り参加させていただきました
題して。
「突撃!となりの通教生~真理の追究編~」

ワタシが昨年受講した「論理学(専門)」を先生と共に改めて振り返り、学生にとっても先生にとっても緊張感溢れたスリリングな授業だったということを再確認しました(笑)
今回の論理学(総合)ではつつがなく終了されたということなので、いかに昨年の授業がイレギュラーな(?)授業だったのかがうかがわれます(^_^;) 思い返してみると、去年の授業で先生の笑った顔は一度も見られなかったような・・・??その分、今日はたくさん見られましたけどね♪
記念写真も撮れたので満足でゴザイマス。
飛び入り参加だったにも関わらず、たくさんお話してくださったワタシの周りにいらっしゃった皆さま。お話できて良かったです~。楽しい時間をありがとうございました。
もし良かったらコメントお寄せくださいマセ!(o^-')b

2008/08/23 23:51
やっと6日目。実質最後の授業。
夏期スクーリングはもういいです。疲れました・・・orz

▼イギリス文学
モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』観賞。小ネタが散りばめられていて、面白い!!
元ネタが全部分かればもっと楽しめるんだろうなー。分からない自分がちょっと悔しい。
後半は高宮先生の人生談義。来年3月で定年を迎えられる高宮先生は、この授業が最後のスクーリング。その総まとめとして(?)、生い立ちから現在に至るまで語ってくださいました。学部での最終講義は来年3/4とのこと。先生曰く「お時間があればぜひいらしてください」。通教生でも聴講可能らしいので、お時間のある方&高宮先生ファンの方は聴講されてみてはいかがでしょうか。

それにしても、今日はいつもより受講者が多いような??「モグリ」が多いことで有名らしい高宮先生。ゼミの院生も何人かいらっしゃっていた模様。
授業後ブログにコメントをくださった「ふにゃ@」さんを探しましたが、お見掛けできず。お声をかけてくださったのに、失礼をしてスミマセン。。。


▼英語学
いままでのおさらいと、テスト対策に向けて。
試験は5問。3~5行以内で各項目を説明する記述形式タイプ。
「あまり心配しないで試験を受けていただくために、これから問題を発表します」とおっしゃる先生。
ラッキー♪と思ったのもつかの間・・・、

  Read more...



< prev | HOME |

Design by mi104c. Edit by nachi.
Copyright © 2017 日々あろくろくじ。, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。